読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞RainbowMoon∞の日記

米FBI超能力捜査官MR.ジム・ワトソンさんからサイキッカー、霊能力者としての能力を認められているという日本人の方に「あなた、声からすごくいい波動が出てるわ♡」と、ちょっと驚いたように言われた♪羽族

本音の進行②

 

セカンドロストバージンしてから

  (ほんとに出血した

処女膜って再生するんだね(^^;;  )

f:id:rainbowmoon808:20161130000831j:image

 

最初は好みの男の子と、気持ちいいセックスが出来ればカジュアルな恋愛、関係で良いと思ってた

 

 

恋愛自体が超!久しぶりだったし

 


魅力的な男性と触れ合えるだけで幸福感でいっぱいだった

 

 

だけどセックスしちゃうとますます相手のことが好きになってしまって、今度はだんだん彼の心も欲しくなってしまった

 


私だけみて欲しい

 

私だけ愛してほしい

 

私だけに尽くしてほしいになった

 

f:id:rainbowmoon808:20161130000640j:image

 

さみしいーて感情がベースにあって

 

 

1ヶ月に1、2度くらいしか会えない彼では辛くなった

 

f:id:rainbowmoon808:20161130000750j:image

 

 

でも彼のスタンスは始めから分かってたから、自分の心のバランスとるには、私も他にボーイフレンドつくることだと思って

 

 


次に仲良くなった男の子

 

最初のデートの時

 

f:id:rainbowmoon808:20161130000550j:image

 

「彼氏いるの?」

 

て聞かれて

「いま自由恋愛ていう形にチャレンジしてるの」と言った


こうゆうのはじめてだったし


引かれるかな?て恐かったけど

 

自分のスタンスにウソつくよりよっぽどいいのは分かってた

 


「付き合うとか

彼氏とか彼女とか決めないの。

そうゆう契約をしないの」

 

 

て言ったら


「オレもそんな感じ」

て言って


「前の彼女は
一妻多夫制みたいな人だったし」

 


またまた求めていたスタンスに

ぴったりの人に出会えて

 


そんな風にはじまった

 

 


でも、そのボーイフレンドが


かなりラブラブに接してくれる人だったので、他にもチラホラ女の子の影はあったけど

 

心も体も満たされてしまって

 

そしたらいつの間にかその彼のことが大好きになってて

 

彼だけで充分て感じになってたから

 

最初のボーイフレンドとは離れてた

 

 

f:id:rainbowmoon808:20161130001040j:image 


で、やっぱり自由恋愛といいつつ

 

 

自分でも無意識のうちに彼の心も欲しくなっていて、そんな風に関わってた

 


私だけみて欲しい

 

私だけ愛してほしい

 

私だけに尽くしてほしいになってた

 

 

 

 

それでもやっぱり

 

どこか

 

自分は自由でいたい

 

 

だったの

 

 f:id:rainbowmoon808:20161130001147j:image